品質のいい刺繍枠をお求めなら専門通販で買うのが賢いやり方

刺繍を学ぶなら刺繍枠の使い方もマスターしよう

民族的柄の刺繍

刺繍を学ぶには、刺繍針の使い方、布の扱いなど、様々なことを身に着ける必要があります。特に道具に関しては、実作業を通じて、自分の手で必要な作業を確実にできるようにしなければなりません。自由自在に刺繍というテクニックを使いこなせるようになるためには、もう一つ、刺繍枠の使い方もマスターしておく方がいいでしょう。
刺繍枠は、刺繍関連アイテムの専門通販で購入できるので、通販サイトをチェックして、どのようなものがあるのか、まずは確認してみましょう。使い易さを考慮して、様々な工夫を凝らした刺繍枠が販売されていますが、よく使われるのは、丸い二重の木枠をねじで止めるものです。枠が二重になっているのは、その間に刺繍する布を挟むため、ネジは、その状態で固定するためにあります。刺繍は、その丸い木枠で囲まれた部分で行います。
刺繍枠は、サイズによって使い易さが随分変わってきます。小作品をメインで作る方は、直径が小さいものが手になじんでいいでしょう。大作を制作する場合、大きい刺繍枠の方が便利に見えますが、必ずしもそうとは限りません。というのは、大きいものだと、木枠の中でたわみやシワが発生しやすいからです。まずは、小さめのものから使ってみて、それを大きな作品でも使える方法を検討してみるといいでしょう。

ピックアップコンテンツ